KNIME・EXCEL倉庫

KNIMEやEXCELマクロの備忘録です。

【EXCEL】もっと便利に検索したい(index + match))

・vlookupは第四の引数にFALSEを入れて完全一致検索にした方が良いっぽい。

・vlookup関数の特徴として、検索列が返し列より左にないといけないらしい。

・調べてみると、index関数とmatch関数を組み合わせることにより、vlookup関数よりも汎用性の高い検索が可能になるっぽい。

 

・index関数

⇒ 表、行番号、列番号などを指定すると、そのセルにある中身を返してくれる関数(下図、囲んだ表の上から4行目、左から2列目なので、四郎氏が返ってくる)。

f:id:choron81:20210815220524p:plain

・match関数

⇒ 検索値と検索対象領域(一行又は一列)を指定すると、検索値が何番目にあるのか返してくれる関数(囲んだ領域の上から4番目に検索対象である1004があるので、4が返ってくる)。

f:id:choron81:20210815221350p:plain

・この二つを組み合わせると、汎用性の高いvlookupのような検索ができる(下表)。

f:id:choron81:20210815222522p:plain

 

・少し弄れば、検索対象列よりも左にある返し列から値をとってくることもできるし、横に検索することもできる。

・覚えておくときっと便利。

 

終わり