KNIME・EXCEL倉庫

KNIMEやEXCELマクロの備忘録。

【KNIME】ノードに関して

・KNIMEでは「ノード」と呼ばれる簡単な処理ができるブロックをくっつけて、複雑な処理を実行する。

・ノードはめっちゃたくさんの種類がある。

 

f:id:choron81:20210227233213p:plain

・例えば、このノードは表を作るだけのノード。

・ダブルクリックすると詳細を編集できる(この場合は表の中身のデータをいじれる)。

・ノードの下の方の信号は、処理の状態を示す。

・赤は「うまく処理できないよ」、黄色は「準備OK」、緑は「このノードでの処理は終わって、次のノードにデータ渡せるよ」という感じ。

・ノードの処理は、上の方の緑色再生ボタンをクリックすると始まるらしい。

・データを読み込むノードで、一度通った処理は、読み込み元データを変更しても反映されない。変更を反映させたいときは、上の方の赤バッテンマークをクリックして処理をなかったことにしてから、もう一回再生ボタンを押す必要があるらしい(←忘れがちなので、ctrl A⇒バッテン⇒再生ボタンを習慣化した方が良いかも)。

 

f:id:choron81:20210227232954p:plain

・ノードは、線でつないでデータを受け渡しする。

・基本的にデータが左から入って、ノードで処理されて、右側に抜けていく感じ。

・データの形式などの都合で、上流と下流のポッチの形が同じもの同士しか繋げないっぽい(黒三角と黒三角、赤丸と赤丸、灰四角と灰四角)。

・上流のポッチからは複数の線を引けるが、受け手側の下流のポッチは一本の線からしかデータを受け取れない。

 

終わり。